仕事論

特定派遣エンジニアとは?経験者が良い所・悪い所を解説

こんにちは、特定派遣Webエンジニアのyuuです。

今回は「特定派遣エンジニアとは?」という疑問への回答と、その良い所・悪い所をまとめました!

そもそも特定派遣とは?

まず、ざっくりイメージを伝えると、

  • 一般派遣 → 派遣社員
  • 特定派遣 → 正社員 + 派遣社員

こんな感じ。もう少し掘り下げると、

【一般派遣】
  • 派遣先との契約期間は最長3年
  • 派遣先との契約が更新されなければ、契約が終わり仕事がなくなる
  • 派遣先での期間が満了したら、次の派遣先で仕事をするまで給料が出ない
【特定派遣】
  • 派遣先との契約期間は無制限
  • 正社員として派遣元企業に雇用されるので、契約が終わると本社へ戻る
  • 派遣先での期間が満了して次の派遣先が決まっていなくても、給料が出る

こんな特徴があります。

特定派遣は「派遣」と名がつくものの、ボーナスもしっかりでるし福利厚生もあるし待遇は正社員と同じです。

なぜ特定派遣というポジションが必要かというと、システム開発は人手が欲しい時期とそうでない時期が非常にはっきりしています。

そのため、多くのIT企業は正社員を多く雇うより、必要な時に必要なだけ技術者を雇うというスタンスをとったほうがコスパが良いのです。

特定派遣エンジニアは人手が欲しい様々な企業のプロジェクトに「技術支援」という形でアサインし、客先に常駐して開発をする仕事です。

特定派遣エンジニアの良い所

それでは、自分の体験談も踏まえて「特定派遣エンジニア」のメリットを紹介します。

これは自分が以前ツイートしたものなのですが、本当に良いところが多いと感じています。

未経験の人も大歓迎

僕もIT業界完全未経験でしたが、特定派遣業をしている企業のほとんどは、やる気のある人ならガンガン採用してくれます。

IT業界は慢性的に人手不足ということもあり、これからもこの流れは続いていくでしょう。

Web系の副業ができるようになる

Webシステム開発やHP制作など、ランサーズに載っているような案件を受注しやすくなります。

本業で学んだことを副業に活かすことができるので、副業との相乗効果はバッチリです。

もちろん、自分でWebサービスを1から制作することも可能です!

派遣先の人間関係に疲れたら現場変更OK

「上司が苦手すぎて今の現場辞めたい…」

僕はこの理由で、アサイン中の現場を自分から3ヶ月で辞めたことがあります…。笑

人間関係で消耗するのはとてもしんどいので、サクッと環境を変えられるのはかなりメリットかなと。

本社もエンジニアに離職されるのが一番困るので、基本的にはこういった要求も応えてくれます。

変な「しがらみ」みたいなものが少ない

毎月いろんな人が入社 or 退社していくので、俗に言う「お局様」のようなめんどくさい古参ポジションが本社に生まれずらい仕組みになっているのかなと感じています。

なので、本社との人付き合いなどはけっこう気楽です。

派遣先がしんどかったら変えればOKです。

転職すると給料UP

基本的にどの業界でも「転職したら給料落ちるんじゃないか…?」という、転職に対するネガティブなイメージが強いのかなと思います。

IT業界は違います。

給料は開発経験や能力に応じて決まるので、特定派遣で経験を積んで、その後転職すればほとんどの場合給料は上がります。

転職以外にも、フリーランスに転向して大幅にお金を稼げるようになるといったケースもあります。

特定派遣エンジニアの悪い所

さて、良い所ばかり書いてきましたが、ここで悪い所も触れておきましょう。

給料が少ない

未経験で特定派遣会社のエンジニアになったら、給料相場は18〜22万くらいです。新卒の初任給くらいですかね。

俗にいうピンハネというやつで、僕の場合は、派遣先企業での月単価が70万ですが、本社からの給料は20万です…。

イベントが多い

特定派遣エンジニアは離職率が非常に高いです。

派遣先の企業に正社員として引き抜かれたり、他社へ転職したり、フリーランスになったり…. どの選択をとっても給料が上がるので、本社は人材の流出を防ぐことに必死になります。

そのため春はお花見、夏はBBQ、秋は紅葉、冬はスノボ合宿と様々なイベントを企画し「いい会社感」を出してきます。

人によってはメリットなのかもしれませんが… プライベート優先な人は煩わしいと感じるかもしれません。

もちろん、拒否もできるのでそこは安心してください。ちなみに僕は一度しか社内イベントに出席したことがありません…。笑

勤務先がよく変わる

通勤時間を必ず30分以内にしたいなど、そういった希望があってもそれに沿わない形で勤務先が決まることがあります。

運やタイミングもあるので一概には言えないのですが、気になる方は注意です。

まとめ

いかがでしたか?

IT業界の体質上、給料面など最初は悪い面もありますが… 僕はエンジニアに転職してよかったと感じています。

エンジニアという職業は、自分が習得したスキルが資産となります。積み上げた資産で副業もできるし、給料の良い会社に転職することも出来ます。

そして特定派遣のエンジニアであれば、未経験でも1から育ててくれるのでとてもチャレンジしやすいです。僕も完全未経験からのスタートでした。

個人的に「今の仕事に漠然とした不安を感じている…」なんて人は特に、特定派遣エンジニアはおすすめです。IT業界は伸び代がすごいし、会社に依存せず自分のスキルで生きていけるのは素敵です。

というわけで、今回はここまで。

少しでも特定派遣エンジニアという職業に興味を持ってもらえたら嬉しいです。なにか聞いてみたいことなどありましたら、Twitterからお気軽にどうぞ〜( ´ ▽ ` )ノ

▽ おすすめの転職エージェント会社
【第二新卒エージェントneo】

ブログ管理人yuu
ブログ管理人yuu
【neo】は転職エージェント最大手企業のネオキャリアが運営する無料転職支援サービスです。第二新卒でなくても、20代ならどなたでも利用できます。

僕も使っていたのですが、未経験からエンジニアを目指すなら、プロの転職エージェントをつけるのが無難です。

まずは1〜2時間程度の初回面談からどうぞ。過去〜将来のことまでがっつりヒアリングしてくれて、キャリアプランを考える手助けになりました。

【第二新卒エージェントneo】を見てみる